dicca*suemitsu | 【新刊情報】新生徒会の一存 第3巻
383
post-template-default,single,single-post,postid-383,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,smooth_scroll,,qode-theme-ver-3.4,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive
 

Blog

【新刊情報】新生徒会の一存 第3巻

  |   Blog, お仕事情報

もうちょっと余裕を持って告知しとけばいいかなっておもうけど、毎回そういうわけにも行かず…。なんというか自分で自分を盛り上げて宣伝するのが苦手というか下手なのでいつもぎりぎりになったり忘れたりします。

というわけで、新生徒会の一存・第3巻が本日発売になります。 あとがきの漫画でも触れているのですが、スピンオフやコミカライズ、映像作品等もたくさん出ている人気シリーズの本当に最後の最後のゴールテープを切る役目になってしまいました。いつぞやの新年会で、葵せきな先生に10mo先生と一緒に「こんな濃いキャラクターをこれっきりなんて贅沢すぎるでしょう!!」と言っていたのですが、本当にキャラ立ちがすばらしくて、脳内でキャラが動いてくれるおかげでネームもさくっと出来上がる、描いていてとても楽しい作品でした。
漫画というメディアの都合上、カットしてしまったエピソードもあり、この作品のキモとも言えるキャラクター同志の楽しい掛け合いを削るという断腸の思いをはさみながらも、なんとか3巻という短いページ数でまとめきることが出来たのは、自分にとってもある種の達成感でもありました。
今まで自分の作品は主に少年が中心のものばかりだったので、こうやって女の子の魅力を出せるかどうかも心配だったのですが、できていたかどうかについては実際に読んで頂いて読者の皆さんに判断していただければと思います。ほんとね、女の子描き慣れないからね…うん…。
なにはともあれ、単行本の著者コメントに葵せきな先生からとても光栄なコメントを頂いております!是非そちらもご覧になってください!

私事なのですが、連載やら読み切りやらを一段落終わらせた段階で3月末から一週間ちょいばかりイタリア旅行に行ってきたんですが、そんときは色校のチェック終わったかと思ったら終わってなくて、イタリア旅行中にメールで色校チェックするというすごく意味のないことをしたりしたんですが(色校っていうのは実際に単行本のカバーとかの紙に印刷された色合いや誤植等をチェックしたりするっていう作業)なんとかなっていてよかった…よかったです…。アップしてある画像では全体図が見づらいのですが、杉崎はかっこよく成長したかとおもいきや、結局女の子たちにはかなわないっていうことで、カバーではつくしと北斗にじゃんけんで負けてる構図にしました。(東子と水無瀬が出してないのはキャラ性と杉崎の腕が足りないんで)『碧陽学園生徒会の相変わらず』が続いてほしいなということで。
出来る限りくりむ世代生徒会も出したくて描いたので、見ていただければ幸いです。

いやーほんとコミカライズは緊張します!商業アンソロとかも地味に誘って頂いたりするけど、結構コミカライズ・アンソロ案件は緊張で筆が遅くなるほうなんですが、それでも良い経験させて頂いてるということで、これからも頑張りたいと思います。原作の葵せきな先生、キャラクターデザインの狗神煌先生、ご縁を下さったドラゴンエイジ編集部、先を走ってくださった生徒会シリーズのコミカライズ担当の先生方と、読んでくださった読者のみなさんにたくさんのありがとうを!